記者会見などで多用される

大勢の人

そもそもバックパネル(別名、バックボードとも呼ばれています)とは、今回の主題である展示会の他、イベントや記者会見などに使用されているものです。
具体的にはやはり記者会見が、一番イメージしやすいでしょう。
例えば有名なスポーツ選手…仮にサッカー選手としましょう。
基本的には何でも良いのですが、彼らがインタビューを受けている映像は、よくテレビで見かけるかと思います。
背景は青と白のチェック柄であることが多いでしょうか。
…そうです。
バックボードとはすなわち、その背景の事です。
人工的に作られた巨大なパネルを背後に設置し、それがカメラの範囲内に上手く収まる事で擬似的に壁(背景)としての役割を果たしているのです。

記者会見として例を挙げさせていただきましたが、背景としての役割を担うだけあって、バックパネルの見た目は非常に重要になってきます。
わかりやすく色で説明しますと、例えば先ほど述べた青と白のチェック柄、といった模様は、寒色と白の組み合わせですから比較的落ちついた印象を与えます。
ピンクで鮮やかに彩れば、可愛らしい(美しい)印象を与えます。
こちらは化粧品の展示などで使われていますね。
私もついつい視線がそちらにいってしまいます。
色の効果は絶大、という事です。
また、黒を使えば存在感が出ます。
こちらは…そうですね、男性用の髭剃り(少々具体的過ぎでしょうか)などといった商品の展示に使われているイメージがあります。
このように、ちょっとした工夫で全体の印象も変わってしまうのです。

つい先日、国際展示場でコミックマーケットがありましたが、バックパネルはそういったイベントでは大変重宝されます。
商品、特に冊子のものが多いですから、できる限り「どんな商品がこのブースにはあるのか」といったイメージがつきやすいように工夫しているのです。
毎回このイベントは人が多いですから、普段買い物に利用する量販店とは違って移動が困難です。
ですから、遠目でも判断できるように各々が工夫を凝らしているのですね。
勿論、中には自作のイラストをパネルに使用しているという団体もありますし、それも有効な方法と言えるでしょう。
特に絵師の絵柄が買い手に予め印象付けられていると、非常にわかりやすいですよね。
このように、パネルは多種多様、様々な場面で応用できます。
デザインも全て業者から提供されたもので選ぶのも良し、また自身でデザインするのも良し。
是非、一度試してみては如何でしょうか。

オススメリンク

展示会施工のプロを探せる情報サイト;展示会施工業者比較君

様々な催しでも活躍

また、テレビ番組関連の記者会見などではスポンサーからの要請でライバル企業の製品などがうっかり映り込まないようにする配慮が必要です。
パネルの設置にはそうした目的もあります。
しかRead more

独特なデザイン

最近、テレビなどで有名人の記者会見の模様を見ていると、マイクに向かってしゃべっている人の背後にさまざまな文字やイラストなどの描かれたパネルが立てられているのを目にすることがあります。
Read more

効果的な使用方法

バックパネルといっても用途は幾つもありますが、やはり一般的なのがイベント会場での使用です。
特にこういった場所ではスピーチをする機会が多いので、そういった方たちを華やかに見せるためにもパRead more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031